新宿近視クリニックの特徴

東京・新宿と大阪・北新地に病院を構える新宿近視クリニック。
(※横浜院のレーシック部門は2013年8月末に、銀座院のレーシック部門は2013年12月末に、それぞれ閉鎖している。術後の検診は新宿院で継続診察。)

2009年に開院した、比較的新しいクリニック。

湘南美容外科クリニック(Shonan Beauty Clinic)グループの眼科部門という位置付け。

レーシックのほか、イントラレーシック、ラゼック、フェイキックIOL、老眼治療、オルソケラトロジー、そしてフラップを作らない術式である「リレックス」に対応。

9万件を超す症例数。

説明会を月に1回ほどの頻度で実施。

サッカー日本代表の本田圭佑が手術を受けたことで大きな話題となった。

新たな視力回復法『ReLEx(リレックス)』にも対応

フラップをつくらず、角膜につけた小さな切り口からレンズ状の角膜片を除去して視力を回復させる、角膜屈折矯正手術の「ReLEx」。

レーシックに比べ、角膜への影響が最小限に抑えられるため、術後のドライアイやハログレアが少なく、角膜の強度が高いので格闘技等のスポーツにも適応していると言われている。

料金

SBKレーシック

片眼:49,410円 両眼:77,220円(税込)

iFS イントラレーシック

片眼:106,920円 両眼:192,240円(税込)

iFS イントラレーシック オプティマイズ

片眼:128,520円 両眼:235,440円(税込)

Custom Fit イントラレーシック

片眼:144,720円 両眼:267,840円(税込)

Vario Design イントラレーシック

片眼:171,180円 両眼:320,760円(税込)

iDesign レーシック

片眼:171,180円 両眼:320,760円(税込)

Max Design レーシック

片眼:210,600円 両眼:399,600円(税込)

ReLEx Smile (リレックス スマイル)

片眼:175,500円 両眼:329,400円(税込)

プラチナLASEK (ラゼック)

片眼:128,520円 両眼:235,440円(税込)

フェイキックIOL ARTISAN(アルチザン)

片眼:214,650円 両眼:407,700円(税込)

フェイキックIOL ARTIFLEX(アルチフレックス)

片眼:278,640円 両眼:535,680円(税込)

フェイキックIOL ICL (後房型)

片眼:321,300円 両眼:621,000円(税込)

オルソケラトロジー コンフォートレンズ

片眼:86,940円 両眼:152,280円(税込)

オルソケラトロジー プレミアムレンズ (※角膜乱視が-1.25Dを超える方が適応)

片眼:102,600円 両眼:183,600円(税込)

さらに詳しい情報はクリニックのホームページで

≫ SBC新宿近視クリニック