レイ眼科クリニック神戸の特徴

兵庫県神戸市中央区の三ノ宮(三宮)に病院を構える「レイ眼科クリニック」。

一般眼科診療はもちろんのこと、近視治療全般に強みをもち、レーシックやフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)にとどまらず、オルソケラトロジーでも多くの実績をもっている。

さらに、白内障、ドライアイ・眼精疲労・VDT健診(VDT検診)・緑内障・斜視・弱視・結膜母斑・色素沈着(白目のしみ)のレーザー治療、翼状片・瞼裂斑の手術治療などなど、幅広い分野を専門的に診療している。

 

経験豊かなドクターとスタッフ

レーシック手術歴12年、累計1万5千眼以上の様々な手術実績をもつ医師をチーフに、経験豊富なスタッフのチームで執刀。

チーフの医師はエキシマレーザー指導医の資格を持ち、多くの他施設の眼科医やスタッフの指導にもあたっている。また、日本で初めてレーシックが導入された黎明期より施術に取り組み、日本国内有数の実績があり、学会発表・執筆等も数多くおこなっている人物である。

最新のテクノロジーの導入にも意欲的

2010~2011年度のアメリカでの導入実績No.1のAlcon Wavelight社がリリースした最新型レーシック手術システム「Wavelight®RefractiveSuite」(2012年モデル)を導入。

この「Wavelight®RefractiveSuite」は、フラップの作成に世界最速のフェムトセカンドレーザー「Wavelight®FS200」と、角膜形成に世界最速のエキシマレーザー「Wavelight®EX500」を、組み合わせて一体化した究極のレーシック手術システムなのです。

徹底した安全管理・衛生管理

感染症の発症を防ぐために業界最高水準の徹底した安全管理をおこなっている。手術室はNASA規格NHB5340「クラス10000」を満たすクリーンルームであり、HEPAフィルターで微粒子・細菌などの汚染物質が浄化された空気が、24時間連続稼働で温度・湿度が調整され陽圧で満たされている。

平日に現金で支払うとお得

手術費用は以下のとおり。

レーシック (平日現金払い限定特別価格)

片眼:150,000円(税込) 両眼同日手術:270,000円(税込)

ラゼック(LASEK) (平日現金払い限定特別価格)

片眼:150,000円(税込) 両眼同日手術:270,000円(税込)

レーシック (平日カード・ローン払い、土日祝価格)

片眼:155,000円(税込) 両眼同日手術:280,000円(税込)

ラゼック(LASEK) (平日カード・ローン払い、土日祝価格)

片眼:155,000円(税込) 両眼同日手術:280,000円(税込)

クリニックのホームページ

レイ眼科クリニック神戸