ウェーブフロントレーシックとは?

今回は、最新の技術をとりいれたレーシックの手法である「ウェーブフロントレーシック」について。

■ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)

人間の眼(角膜)には、微細ながら複雑な歪みが1人1人違った形であります。この歪みのデータを「ウェーブスキャン」や「ウェーブフロントアナライザー」と呼ばれる検査機器で測定・解析し、それを元にレーシック手術を行なうのがウェーブフロントレーシックです。

従来、目の歪みが原因で起こる不正乱視や像のぶれ(グレア・ハロ)の矯正はレーシックではできないものとされてきましたが、ウェーブフロントレーシックはこれらの矯正でも力を発揮します。いわばウェーブフロントテクノロジーにより、ひとりひとりの目にカスタムメイドされた手術が可能となったと言えるでしょう。

なお、良いことづくめのウェーブフロントレーシックですが、デメリットとしては、検査の時間がかかること、そして一般的に通常のレーシックよりも手術料金が高くなることが上げられます。