慶應義塾大学医学部 眼科の特徴

慶應義塾大学医学部の眼科部門で、東京、JR信濃町駅から徒歩1分の立地にある「慶應義塾大学医学部 眼科」。

大学病院の中では早い時期から近視矯正手術を行なっており、レーシックのほか、エピレーシック、PRK、フェイキックIOLにも対応。

大学のホームページ上の情報からすると、使用する機器は最新機器というわけではなさそう。

決して安くはない料金設定だが、”慶応病院”という信頼性、ブランドをどうとるかは人次第である。

 

信頼のおける医師と検査員

手術担当医師は 全員が眼科専門医。
また、検査員は全員が視能訓練士 (眼科検査に関する国家資格)の資格を持つ。

料金

レーシック

片眼:262,500円(税込) 両眼:525,000円(税込)

エピレーシック

片眼:241,500円(税込) 両眼:483,000円(税込)

PRK

片眼:231,000円(税込) 両眼:462,000円(税込)

フェイキックIOL

片眼:472,500円(税込) 両眼:945,000円(税込)

※いずれの術式ともに、適応検査費用 8,820円
※レーシック、エピレーシック、PRKで適応があった場合の術前検査費用(適応検査費を除く)20,790円
※フェイキックIOLで適応があった場合の術前検査費用(適応検査費を除く)23,730円
※いずれの術式ともに、術後検査費用1回につき 5,145円

病院のホームページ

慶應義塾大学医学部眼科

サブコンテンツ