南青山アイクリニック東京の特徴

東京都港区北青山、表参道駅と外苑前駅の中間辺りにクリニックを構える「南青山アイクリニック東京」。

1997年に眼科専門医により本格的な屈折矯正手術専門施設として開院。

開院当初のPRKから始まり、現在ではレーシックを中心に、カスタムレーシック、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)、遠近両用眼内レンズを用いた白内障手術や、円錐角膜治療、老眼治療、オルソケラトロジーなど様々な視力矯正治療を行っている。

土日も診療。

元AKBの前田敦子をはじめ、タレントやスポーツ選手が手術を受けていることでも有名。

細かく分かれた術式メニュー

最も一般的なものが「レーシック」。
フェムトセカンドレーザーを使用したレーシックが「イントラレーシック」。
※他のクリニックでいうところのノーマルなレーシックがこの「イントラレーシック」にあたるのだろう。

個々人の角膜や水晶体の非常に細かな凸凹や歪みに対応するのが「カスタムレーシック」。「カスタムレーシック」はさらに2種類に分かれる。

トポガイドを使用して角膜のゆがみを補正するのが「トポリンクレーシック」。角膜形状の非対称性が大きい人や、角膜の不正が大きい人に向いている。

「WaveScan® WaveFront」を使用し、高精度なレーザー照射をおこない眼球全体のゆがみを補正するのが「ウェーブフロントレーシック」。手術前の収差(目のゆがみ)が大きい人や、暗所での瞳孔径が大きい人に向いている。

この「カスタムレーシック」にフェムトセカンドレーザーを加えたものが「イントラカスタムレーシック」。

iLASIK(アイレーシック)は「イントラウェーブフロントレーシック」が更に進化したもの。従来のWavescanの約5倍の精度を誇る『iDesign Advanced Wavescan』を使用し、非常に高い正確性と複雑な波面測定が可能となっている。

費用

レーシック

片眼:200,000円(税込) 両眼:380,000円(税込)

イントラレーシック

片眼:200,000円(税込) 両眼:380,000円(税込)

イントラカスタムレーシック(トポリンク、ウェーブフロント)

片眼:250,000円(税込) 両眼:480,000円(税込)

iLASIK(アイレーシック)

片眼:250,000円(税込) 両眼:480,000円(税込)

フェイキックIOL

両眼:700,000円(税込)

フェイキックIOL(穴あき後房型)

両眼:760,000円(税込)

オルソケラトロジー

片眼:150,000円(税込) 両眼:190,000円(税込) [※1週間の装用体験:5,000円]

さらに詳しい情報はクリニックのホームページで

≫ 南青山アイクリニック東京

サブコンテンツ