まずは、無料の適応検査で手術を受けられるかどうかをチェック

レーシックの手術は誰もが受けれるわけではありません。
レーシックを受けることができるかどうかは、眼の「角膜」の状態によります。
それは生まれつきや、眼を酷使してきたかどうか、コンタクトの使用年数等によって、ひとりひとり異なります。

そのため、あなたが手術を受けることができるのかどうか、さらには受けれるとしても、どのような治療方法が良いのかは、適応検査を受けないと分からないのです。
この検査自体は無料としている病院が大半です。(全ての病院がそうではないので、詳しくはホームページでチェックないしは、予約の際に確認しましょう。)
なお、検査を行なう事で必ずレーシック手術を行なわなければならない訳ではありませんので、安心して検査を受けることができます。

では、具体的にどのような検査をするのでしょうか。

レーシックは極めて繊細な手術なので、最終的にコンピューターに入力する正確な数値を取るために、綿密な検査を行います。そのため、クリニックの混み具合にもよりますが、待ち時間を含めると2‐4時間ほどかかるのが通常です。

検査項目としては、病院によって多少の差はありますが、だいたい以下のような内容です。

「視力検査」「角膜屈折率検査」「眼圧検査」「角膜形状検査」「角膜内皮細胞検査」「暗所瞳孔径測定」「視野検査」「散瞳薬点眼」「散瞳後屈折力検査」「波面収差検査」「検査前眼部・中間透光体検査」「角膜厚・眼軸長測定検査」「眼底検査」

時間はかかっても、いずれも痛みを伴う検査ではありませんのでご安心を。

検査結果はその日のうちに分かります。通常、レーシックの手術が受けられるかどうかに加えて、最適な施術プランも提示してくれます。
(その最適な施術プランが必ずしもレーシックではない可能性もあります。ちなみに、品川近視クリニックが公表しているデータでは、適応検査の結果、約10%の人は角膜が薄いなどの理由でレーシック手術に適さないと診断されています。)

また、この検査によって、検査や治療が必要な病気が見つかる場合もあります。その場合レーシックは受けれなくなってしまうかもしれませんが、病気が早めにみつかるにこしたことはないですよね。

というわけで、ここがいいかなという病院が決まったら、適応検査の予約をとってみましょう。

サブコンテンツ